ホーム » 一般のみなさまへ » 交通事故にあったとき

交通事故にあったとき

交通事故にあった場合の対処方法

 交通事故等、第三者(加害者)から受けたケガの医療費は、被害者に過失のない限り、原則として加害者が全額負担すべきものです。
 国保で医療費を受けた場合、加害者が負担すべき医療費は、国保が一時立て替え、後で、立て替えた医療費相当分を、国保から加害者に請求することになります。
 しかし、場合によっては、国保の保険証が使えなくなる場合もありますので、示談する前に国保担当窓口にご相談ください。

届出の手順

(1) 警察に届けましょう

 交通事故にあったら、すみやかに警察に届出をして「交通事故証明書」をもらいましょう。

(2) 国保で治療を受けるとき

 国保担当窓口に相談の後、保険証を病院の窓口に提出して治療を受けてください。国保が一時加害者に代わって医療費を支払います。

届出に必要な書類
  • 第三者行為による傷病届
  • 交通事故証明書
  • 保険証
  • その他必要書類

(3) 「第三者による傷病届け」等の提出

 「第三者による傷病届け」その他必要書類を国保担当窓口で受け取り、後日提出してください。国保が加害者に医療費を請求します。